• サイトマップ

  • 文字サイズ・色合い変更

カタログのご請求はこちら
  • ホーム
  • 概要
  • 特徴
  • 各種サービス
  • 運用事例
  • トピックス

介護トータルシステム『寿』 > 各種サービス > 地域密着型サービス > 看護小規模多機能型居宅サービス

ここから本文です。

看護小規模多機能型居宅サービス

看護小規模多機能事業者の記録・請求業務、および管理報告資料等の作成をトータルサポートします!

看護小規模多機能型居宅サービスは看護小規模多機能型居宅事業所の各種業務をトータル的に支援するシステムです。

介護利用者だけでなく、予防利用者の請求も一元管理が可能です。

  • 利用者情報の管理
  • アセスメント
  • 介護サービス計画書作成
  • 活動記録の管理を含めた基本情報の一元管理
  • 煩雑な各種報告資料の作成
  • 給付管理票、明細書の作成
  • 介護給付費明細書の作成
  • 国保連合会へのレセプト伝送
  • 利用者への請求業務

利用者管理

利用者台帳

利用者の氏名・住所、各保険情報、家族構成、生活の状況など、様々な情報を登録できます。

同一法人内で利用者の情報共有が可能です。

登録した内容はフェースシートとしてもご利用いただけます。

サービス利用希望者の管理

サービスをご利用されたい利用者の管理ができます。

利用希望者本人、家族からの相談の記録を合わせて残すことができ、利用希望者を法人全体で情報共有することが可能です。

簡易アセスメント

事業所独自の簡易的なアセスメントを作成することができます。

アセスメント項目はマスタ設定となっており、自由に設定ができます。

利用者の課題を独自の方式で把握することが可能です。

利用者台帳Ver5.18.00

<利用者台帳イメージ>

計画関連

アセスメント

4種類のアセスメントシートから選択して利用者のアセスメントを実施します。

  • MDS/Raps
  • MDS-HC/Caps
  • 包括的自立支援プログラム
  • 居宅サービスガイドライン

アセスメント登録時点で課題領域が抽出され、選定結果として表示されます。

抽出された課題に対して、ケアプランの策定・評価を行うことができます。

サービス計画

サービス計画書(1)、サービス計画書(2)、週間サービス計画表を履歴で作成でき管理できます。複数の計画書を作成して利用者ご本人、ご家族とより良いプランの検討ができます。

また、予防サービス支援計画表の作成、評価も同様にできます。

サービス計画書イメージ

<サービス計画書イメージ>

 

サービス利用票・提供票

週間サービス計画書やパターンの情報をもとに、一括展開にてサービス利用票・提供票の作成ができます。

実績入力にあたっては予定から実績へのコピーが可能です。また、同一法人内のサービス事業所が作成したサービス実績を利用票の予定または実績に取り込むことも可能です。

サービス利用票・別表を作成することで、給付管理票の内容を即座に確認することができます。

サービス利用票別表

サービス利用票・提供票の内容から別表を即時に計算し表示します。

別表の計算においては、予定からの計算・実績からの計算の指定ができます。超過単位があった場合、超過設定する事業所を選択できます。

モニタリング

利用者、家族にモニタリングした内容やケアプランに対する評価表を作成できます。

モニタリングシートとモニタリング評価表の2様式から運用に応じて様式を選択可能です。

利用票イメージ

<利用票イメージ>

別表イメージ

<別表イメージ>

 

訪問看護計画書

医療、介護、精神それぞれの訪問看護計画書が作成できます。

提出先を「主治医」「利用者」「ケアマネ」から選択でき、それに応じて同意文などの印字内容を変えて出力します。

合わせて援助内容を作成することができ、利用者の訪問スケジュールを作成する際に活用できます。

訪問看護計画書_Ver5.20.10

<訪問看護計画書イメージ>

その他標準機能

  • 個別援助計画の作成が可能
  • 日課計画書の作成が可能
  • サービス担当者会議の要点の作成が可能

記録管理

サービス記録

利用者の記録や実績などを日別に登録できます。

サービス記録では、利用者のバイタルや食事摂取量、水分・排せつ、身長・体重などを登録し、温度板で確認することが可能です。

要注意者検索

バイタル、SpO2、水分摂取量、排便等で基準値を超えた利用者を要注意者として検索することが可能です。

サービス記録・温度板イメージ訪問_Ver5.16.00

<サービス記録・温度板イメージ>

 

記録書

医療サービス、介護サービス、精神医療に関して、記録書Ⅰおよび記録書Ⅱが作成できます。

記入した患者の状態やバイタルサインは必要に応じて支援経過記録へ転載することも可能です。

フェイス診断や人体図などの視覚的なコンテンツの入力も簡単操作で行えます。

支援経過記録

利用者の支援内容を記録として、時系列で確認できます。

公開範囲を設定することで、法人内で記録内容を共有することも可能です。

訪問看護記録書2_Ver5.20.10

<記録書イメージ>

介護保険請求業務

サービス予定実績

介護サービスやその他費用の予定実績を登録できます。

予め作成したパターンや日々の記録から反映させることも可能です。

介護保険情報、サービス内容や加算などが一画面で確認でき、登録後はサービス提供実績票などの各種帳票を作成することが可能です。

また、当画面よりレセプト画面を起動し、介護給付費明細書の内容を確認できます。

利用者請求書

登録したサービス実績の内容から利用者請求書を発行できます。

請求書のレイアウトや発行枚数などは自由に設定することが可能です。利用者が同一法人内のサービスを複数利用されていた場合、複数サービスを一枚の請求書にまとめる設定も可能です。

発行した請求書に対して、一括入金・個別入金・個別振替(オプション)等の入金管理を行うことができます。

サービス予定実績イメージ

<サービス予定実績イメージ>

その他標準機能

  • 国保連合会へのレセプト請求が可能
  • レセプト関連の各種帳票の印刷が可能
  • 他システムで作成した請求データを取り込み、まとめて請求が可能

医療保険請求業務(※オプション機能)

請求データ作成

医療訪問看護で利用者様に提供したサービスの内容を登録します。

レセプトイメージを随時参照でき、必要に応じて内容を修正することが可能です。

レセプトの内容は利用者台帳や前回のレセプト情報から各レセプト項目を自動複写しますので、事務作業の軽減を図れます。

利用者に請求する自費項目も同画面で入力できます。

訪問看護療養費Ver5.18.00

<医療請求データ作成イメージ>

 

お問い合わせ

所属課室:MIC医療福祉本部

電話番号:099-269-9720

ファックス番号:099-269-9719

メールアドレス:medcare@kk-mic.jp

お問い合わせフォーム