• サイトマップ

  • 文字サイズ・色合い変更

カタログのご請求はこちら
  • ホーム
  • 概要
  • 特徴
  • 各種サービス
  • 運用事例
  • トピックス

介護トータルシステム『寿』 > トピックス > 『寿』日記 > 2020年に向けた新たな計画 ~厚生労働省~

ここから本文です。

2020年に向けた新たな計画 ~厚生労働省~

平成29年8月15日(TUE)

 【170815】レセチェックスケジュール

平成29年7月4日(火)に厚生労働省より、

  • 「国民の健康のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表」
  • 「支払基金業務効率化・高度化計画・工程表」

の2つの計画が発表されました。

厚生労働省においては、今年1月より「データヘルス改革推進本部」が立ち上げられ、健康・医療・介護のビッグデータを、ICT技術を活用して連結し、データ連携の基盤となる「保健医療データプラットホーム」の構築に向けて2020年度には本格的なサービスを実施できるよう、計画が進められています(※1)。

また、支払基金においても効率化・高度化計画に盛り込まれた審査支払新システムの構築、審査業務の徹底的な効率化等の取組みについて関係機関と密接に連携しながら、改革を進めていくこととなっています。今回支払基金関係の資料で発表されたものの中に[審査業務の効率化]といったものがあります。

  • コンピュータチェックに適したレセプト様式の見直し
     2020年(平成32年)度のシステム刷新時に実施。可能なものは先行実施
  • コンピュータチェックルールの公開
    今年までに基準を策定し、順次公開を進める
  • 返戻査定理由の明確化
  • 請求前の段階でレセプトエラーを修正する仕組みの導入
    支払基金が受付ける前に速やかに医療機関へ戻す仕組み。

公開されたコンピュータチェックルールを用いて 医療機関等において事前にチェックが行える仕組みの導入請求について効率化・簡素化があり、平成30年制度改正以降にも急速にシステムのICT化が進んでいくと考えられます。ビッグデータの活用以外でも注視が必要となり、審査・医療機関等も順次活用が広がっていくことが予想されています。

※1「つくる」「つなげる」「ひらく」をキーワードに次世代の健康・医療・介護ICTとしてAI(人工知能)の開発加速化、遠隔医療や保険者機能の強化及びデータの利活用基盤の構築等を目指したもの。

 

参考ページ

[国民の健康のためのビッグデータ活用推進に関するデータヘルス改革推進計画・工程表 概要] http://www.ssk.or.jp/pressrelease/pressrelease_h29/press_290704_1.files/pressrelease_2907041_10.pdf

[支払基金業務効率化・高度化計画・工程表 概要] http://www.ssk.or.jp/pressrelease/pressrelease_h29/press_290704_1.files/pressrelease_2907041_40.pdf

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:MIC医療福祉本部営業部

鹿児島市東開町4-104

電話番号:099-269-9720

ファックス番号:099-269-9719

メールアドレス:medcare@kk-mic.jp

お問い合わせフォーム