ホーム > パッケージ情報 > 民間関連ソリューション > TOMAS 原価管理システム

ここから本文です。

更新日:2012年7月10日

TOMAS 原価管理システム

TOMAS原価管理システム

システムの特徴

激化する企業競争のなかで、情報の一元化・共有化を推進し各種営業管理情報を提供する”情報サービス業向け”経営管理トータルシステム「富益」シリーズの販売管理システムです。予算原価管理、実績工数入力、仕入実績取込み(販売管理より)、原価進行状況確認の一貫したシステムが営業部門、開発部門だけでなく、全社をトータルにサポートします。

申請→承認の業務ワークフローを実現!!

各部門メニューは、原価進行状況照会と予定原価入力及びオーダの申請→承認が主な機能です。
プリ・ポストのオーダ登録、集合オーダ登録、オーダ停止日延長、経費振替などすべてのオーダは申請・承認により行います。

機能概要

原価進行状況(予定原価入力)

  • 最初に登録した予定原価の値が、予測原価にそのまま反映されます。
  • 原価率=発生原価÷受注金額(商品、ソフト開発等を含む受注総額)100%

個人別オーダ状況表

  • 指定期間の個人毎の工数状況を予定と実績を含め、各オーダ毎に表示・集計・出力、但し原価管理「工数入力サブシステム」の承認者権限が必要です。

販売管理システムより受注情報をリンク

  • 販売管理システム(TOMAS)より指定月の受注実績情報を抽出し、受注実績情報として取込み処理を行います。また、指定内容をCSV形式で出力できます。

販売管理システムより売上情報をリンク

  • 販売管理システム(TOMAS)より指定月の売上実績情報を抽出し、売上実績情報として取込み処理を行います。また、指定内容をCSV形式で出力できます。

発生原価一覧表

  • 指定期間の発生原価または振替原価を原価オーダ毎に集計し一覧表示できます。振替原価を選択時、当月売上と累計売上も表示します。またEXCELに出力できます。

仕掛り一覧表

  • 表示された対象年月(変更不可)の仕掛り金額を原価オーダ毎に集計します。表示した内容をEXCELに出力できます。

原価状況表

  • 表示された対象年月(変更不可)のオーダ別の原価および売上状況等を表示します。表示した内容をEXCELに出力できます。

原価予測リスト

  • 表示された対象年月(変更不可)までの原価実績及び対象年月以降のオーダー別原価予測状況を表示します。仕掛りにするか原価振替するかを売上状況により決定。表示された内容をEXCEL出力または印刷出力できます。

画面サンプル

原価進行状況

原価進行状況

個人別オーダ状況表

個人別オーダ状況表

原価予測リスト

原価予測リスト

動作環境

  サーバ クライアント
CPU

Pentium3 1Ghz以上

Pentium3 166Mhz以上

OS

Microsoft Windows2000以上

Microsoft Windows2000以上

メモリ 1GB以上必要(3GB以上推奨) 128MB以上必要
HD容量

20GB以上

100MB以上

データベース

MS SQL Server2000(SP3以上)

 

 

お問い合わせ

所属課室:ソリューション本部営業グループ

鹿児島市東開町4-104

電話番号:099-269-9711

ファックス番号:099-269-9718