本文へスキップします。

TOP > 製品情報 > 民間企業・団体 > 基幹業務 > 養殖管理システム

ここから本文です。

養殖管理システム

養殖トレーサビリティシステムは
インターネットを利用して、生簀の情報をリアルタイムに管理できるWEBシステムです

サービスの特長

養殖管理システムでできること

稚魚から出荷に至るまでのデータを一元管理できる

稚魚から出荷に至るまでのデータを一元管理して、生簀ごとの在池数、経費、原価を正確かつスピーディーに把握することができます。

1.稚魚移動、2.日誌/移動、3.出荷/履歴

分養があっても生簀の経歴を把握できる

別の生簀に移動したり合流するような分養があっても、システム上のデータに繋がりを持たせてトレースできるシステムとなっているため、生簀がどのような経路を経て、現在の生簀に至るかを把握することができます。
さらに、過去にさかのぼって生簀の状態を照会することができるため、過去に給餌した餌や投薬した薬品などを簡単に検索することもできます。

日々入力する給餌や魚体重をもとに、増肉コストを把握することができる

日々入力する給餌や魚体重をもとに、増肉コストを把握することができます。
これにより、出荷に向けて独自の計画を立てることができます。

お客様のご要望に応じたシステム開発を行える

お客様のご要望に応じたシステム開発をすることができ、実際の業務に沿ったシステムを構築することができます。
※ご要望にかかる費用は別途ご負担いただきます。

システムの目的

消費者へ安心を伝える手段(生産履歴管理)→日誌/移動→実績情報を把握した生産指導

画面サンプル

養殖日誌一覧

養殖日誌一覧画面サンプル生簀毎に投餌、投薬、原価金額などの投餌薬情報、および水温、酸素濃度、魚体重、体長、斃死などの生簀環境情報を登録します。
どの生簀にどれくらいの費用をかけているかを把握することができます。また生簀の環境情報を登録することで、養殖魚の成長要因を分析することができます。

出荷一覧

出荷一覧画面サンプル出荷する生簀を指定して、出荷本数、出荷キロ数、水揚仕切金額などを登録します。

生簀実績照会

生簀実績照会画面サンプル生簀ごとの尾数、魚体重を、期間を指定して情報照会することができます。
指定した期間内での成長率、生存率、EP使用率とその期間での投餌薬金額も照会できます。

生簀履歴照会

生簀履歴照会画面サンプル稚魚導入から現在までに稼働してきた生簀の投餌薬金額、原価、現在尾数、当初入り尾数、斃死数、出荷数の累積値を照会できます。
生簀の移動や合流で他の生簀と混ざっても、原価管理や尾数管理を正確に行います。

機能一覧

稚魚管理

  • 稚魚入力

出荷管理

  • 出荷入力

投餌薬管理

  • 養殖日誌入力
  • 投餌薬入力(月別)
  • 投餌薬一覧表

生簀管理

  • 生簀移動入力
  • 生簀確定処理
  • 生簀マスタ
  • 生簀整合性チェック一覧
  • 生簀環境入力(月別)

お問い合わせ

CONTACT

ソリューション本部営業グループ

鹿児島市東開町4-104

TEL:099-269-9711

FAX:099-269-9718

ページTOPへ