• サイトマップ

  • 文字サイズ・色合い変更

カタログのご請求はこちら
  • ホーム
  • 概要
  • 特徴
  • 各種サービス
  • 運用事例
  • トピックス

介護トータルシステム『寿』 > トピックス > 『寿』日記 > 介護職員の処遇改善について

ここから本文です。

介護職員の処遇改善について

2016年6月02日(THU)

安倍首相が議長を務める「第八回一億総活躍国民会議」にて、「ニッポン一億総活躍プラン」がまとめられました。新三本の矢を基軸として、社会保障分野に力点を置いた内容となっています。

「ニッポン一億総活躍プラン」の中で、介護職員の処遇改善についても対策が検討されておりましたので、ご紹介します。

介護離職ゼロの実現に向けて

下記の対応策について、検討がされています。

  1. 高齢者の利用ニーズに対応した介護サービスの基盤の確保
  2. 求められる介護サービスを提供するための多様な人材の確保、生産性の向上
  3. 介護する家族の不安や悩みに答える相談機能の強化・支援体制の充実

(4~9については省略)

「2.求められる介護サービスを提供するための多様な人材の確保、生産性の向上」について

以下、「ニッポン一億総活躍プラン」(案)(外部サイトへリンク)より抜粋

(介護人材の処遇改善)

  • 介護人材の処遇については、競合他産業との賃金差が無くなるよう、2017年度からキャリアアップの仕組みを構築し、月額平均1万円相当の改善を行う。この際、介護保険制度の下で対応することを基本に、予算編成過程で検討する。
  • 障害福祉人材の処遇についても、介護人材と同様の考え方に立って、予算編成過程で検討する。

(多様な人材の確保)

  • 事業所の業務マネジメント体制強化の観点から、介護事業所における賃金テーブルの設定に向けた取組を推進するとともに、介護事業所に対して人材育成計画や職務分担表、業務効率化計画の策定を推進する。
  • 介護サービスの業務を、必要とされる専門性を踏まえ類型化し、それに応じて、介護福祉士等の専門職とそれ以外の者との業務分担を推進する。あわせて、介護人材の中核的な役割を担う介護福祉士について、専門性の高度化による資質の向上の在り方についても、検討を進める
  • 介護職員が職場に定着し、安心して働き続けられるよう、雇用管理改善のための支援強化を図る

「ニッポン一億総活躍プラン」資料1

「ニッポン一億総活躍プラン」資料2

<平成28年5月18日開催 第八回一億総活躍国民会議「ニッポン一億総活躍プラン」(案)(外部サイトへリンク)より抜粋>

介護人材育成のパートナー マネジメント支援システム「チャンス」

「ニッポン一億総活躍プラン」のなかでも、介護保険制度の下で介護人材の処遇改善を行いつつ、サービス事業所へは職員の人材育成・専門性の向上への取組を求めることが示唆されています。

これを機に、介護職員の人事考課について考えてみませんか。

介護人材育成のパートナー マネジメント支援システム「チャンス」は、NPO法人地域ケア交流会と弊社にて共同開発を行った、介護人材専門の人事考課システムです。

「チャンス」をとおして、職員の人事考課を行うことで、介護人材の定着と意識改革を目指しませんか。

詳細につきましては、こちらをご確認下さい。

 

介護人材育成のパートナーマネジメント支援システム「チャンス」

資料請求

 

介護人材育成のパートナー マネジメント支援システム「チャンス」

「チャンス」は、NPO法人地域ケア交流会が、平成22・23年に鹿児島市から委託を受け実施した「鹿児島市介護人材定着マネジメント支援事業」で行った実態把握アンケート調査・ヒアリング調査・研修会・情報交換会などで得られた情報とノウハウを集約し、介護人材の定着と意識改革に役立つツールとして、南日本情報処理センターと共同で開発したものです。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:MIC医療福祉本部

電話番号:099-269-9720

ファックス番号:099-269-9719

メールアドレス:medcare@kk-mic.jp

お問い合わせフォーム