• サイトマップ

  • 文字サイズ・色合い変更

カタログのご請求はこちら
  • ホーム
  • 概要
  • 特徴
  • 各種サービス
  • 運用事例
  • トピックス

介護トータルシステム『寿』 > トピックス > 『寿』日記 > 平成30年度介護保険制度改正に向けての検討事項(その6)

ここから本文です。

平成30年度介護保険制度改正に向けての検討事項(その6)

平成28年11月8日(TUE)

平成30年度介護保険制度改正に向けた検討事項について

「地域包括ケアシステムの推進」のうち、「1.地域の実情に応じたサービスの推進(保険者機能の強化等)」、「4.サービス内容の見直しや人材確保」について、抜粋して論点をご紹介いたします。

地域包括ケアシステムの推進

「1.地域の実情に応じたサービスの推進(保険者機能の強化等)」については下記三点、「4.サービス内容の見直しや人材の確保」については下記2点が、論点として検討されています。

1.地域の実情に応じたサービスの推進(保険者機能の強化等)

(1)保険者等による地域分析と対応

(2)ケアマネジメントのあり方

(3)サービス供給への関与のあり方

4.サービス内容の見直しや人材の確保

(1)ニーズに応じたサービス内容の見直し

(2)介護人材の確保(生産性向上・業務効率化等)

平成30年改正_地域包括ケアシステムの推進

第55回社会保障審議会介護保険部会(平成28年2月17日開催)(外部サイトへリンク)資料より抜粋・加工

 

1.地域の実情に応じたサービスの推進――(2)ケアマネジメントのあり方

具体的には、下記のような点について検討が行われました。

  1. ケアマネジャー(介護支援専門員)の資質向上について
  2. 公正・中立の確保について
  3. 医療・介護連携等の推進について
  4. ケアマネジャーに対する指導権限について
  5. ケアマネジメントに関する利用者負担について

2.公正・中立の確保について

特定事業所集中減算について、平成28年3月に会計検査院から、下記のような指摘を受けていることが示されました。

  • ケアマネジメントの公正・中立を確保するという所期の目的からみて、必ずしも合理的で有効な施策であるとは考えられないこと。
  • ケアマネジメントの公正・中立を確保するための合理的で有効な施策の在り方等について、特定事業所集中減算の見直しを含め、十分に検討すること。
平成30年改正_ケアマネジメントのあり方1

平成30年改正_ケアマネジメントのあり方2

※現在の特定事業所集中減算についてのまとめを抜粋

第64回社会保障審議会介護保険部会(平成28年9月23日開催)(外部サイトへリンク)資料より抜粋

4.ケアマネジャーに対する指導権限について

現在、居宅介護支援事業所の指定権限とケアマネジャーに対する報告徴収・指示・研修受講命令等の指導権限は、都道府県が有しています。(政令指定都市及び中核都市には、指定権限が移譲されています。)

平成30年度には、居宅介護支援事業所の指定権限が、都道府県から市町村へ移譲されることとなっています。

さらに、「平成27年の地方からの提案等に関する対応方針」(平成27年12月22日閣議決定)では、ケアマネジャーに対する報告徴収等に係る事務・権限について、地方公共団体から意見聴取を行ったうえで、市町村への付与又は移譲を検討することとされています。

5.ケアマネジメントに関する利用者負担について

現在、ケアマネジメントサービスには利用者負担は無いが、利用者負担の導入に関しては、これまで介護保険部会等において議論が行われてきたところであり、また平成30年改正に向けての議論の中でも、再度ケアマネジメントに関する利用者負担について議論すべきという意見もありました。

 

4.サービス内容の見直しや人材の確保――(1)ニーズに応じたサービス内容の見直し

具体的には、下記のような点について検討が行われました。

  1. リハビリテーション機能の強化
  2. 中重度の在宅生活を支えるサービス機能の強化
  3. 地域共生社会への実現
  4. 安心して暮らすための環境の整備(特別養護老人ホーム/有料老人ホーム)

1.リハビリテーション機能の強化

リハビリテーションについては、以下の観点方の見直しを介護報酬改定に合わせて検討することとしてはどうか、という意見が示されました。

  • 通所リハビリテーションと通所介護の役割分担と機能強化、特に通所リハビリテーションについて、リハビリテーション専門職の配置促進や短時間のサービス提供の充実
  • 通所・訪問リハビリテーションを含めた、退院後の早期のリハビリテーションの介入の促進
  • 職種間や介護事業所間の連携の強化

平成30年改正_サービス内容の見直し1

※現在の指定通所リハビリテーション、指定通所介護、認知症対応型通所介護の施設基準についてのまとめを抜粋

第65回社会保障審議会介護保険部会(平成28年9月30日開催)(外部サイトへリンク)資料より抜粋

 

関連リンク

 関連ページ

居宅介護支援サービス

居宅介護支援事業所

 
通所系サービス 通所介護 通所リハビリ

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:MIC医療福祉本部

電話番号:099-269-9720

ファックス番号:099-269-9719

メールアドレス:medcare@kk-mic.jp

お問い合わせフォーム